hateyasco’s diary

すべてはyascoが思うままに。

嫌われるのはよいこと②

そでした。

続きを書くんだった。

すっかり失念していた。

そう。嫌われるのはよいこと。

ナンの問題もない。


【用意するもの】
嫌われてるなあなた(無理に嫌われることはないし、嫌われてなければ、子の記事を読まないでいいのだ)

【やり方】
①嫌われてるのだということをしみじみと味わいます。

②しみじみと味わったら「で、それが一番よいこと…」呟きます。
なんだろ。しみじみと、呟きます。

何度か。何度も。

気が済むまで。


今起きていること。これが一番よいこと。


しみじみと、しみじみと、

繰り返して、言い聞かせます。



③寝ます。ゆっくり、寝る。できれば休みの前日とかにやって、予定なければ 、だらだら寝ましょう。

そして、

④起きましょう。



それだけです。



のんびりと休日を過ごして

お仕事なり、なんなり

いきましょう。

以上です。

これで全部。




なくなるまで、少し続けてやりましょう。




そんな感じ。

そして、続いていく。

人生は強制スクロール。

マリオのように

うまく飛べないときもある。

あなたはどうですか?

嫌われるのはよいこと

そうなのです。

それは、よいことです。

自由に生きている証です。

そう思ってみると

いろいろなことから自由になれます。


嫌われる = まずいこと


と思っていると

回りの人の挙動や

発言や

態度や

いろいろなことが気になって

身動きがとれなくなります。

自分で

自分を

がんじがらめにして

動けないように、動けないように、

してしまいます。


なかなかそうは言っても

「じゃ、気にしなーい」と

できる人はいるだろうか。

あなたはできますか?


実はとっても簡単なんです。


とてつもなく簡単です。


すぐ、結果がでます。


意外と、

できちゃうんだなと

思います。



続きます。

必ず嫌われる

のです。

絶対誰か

そういう人はいます。という話です。


どんなに完璧に

嫌われるポイントが少ない人でも

嫌われる人はいます。

嫌ってくる人はいます。



でも



実は。



それが当たり前なんです。


当然なんです。

何があってそうなるかは

理由はいろいろで

特別理由なんか

なかったりすることもあるのです。

もしかして、理由があっても

わからないことも、あるし

それは悲しいことだったりするように

思えるかもしれないけどふ




全然悲しいことじゃない!



…のです。


それは、

その人が、自由に生きている証です。


だから

嫌ってくる人がいたら

「おっ!こいつもか!てへ!」

位で


「あたしの何がいけないの…メソメソ」


なんて



しなくていい!


のです。



なにも、悪くないし、なんにもしてない。


(…心当たりがあるときは…謝ろうね)


のです。



そんな風に

くよくよすることがあってもいいけど

気にしなくて

いいのです!


自然のことだし。雨が降るのと同じで

どうやっても

雨雲が通りすぎるまでやまないし

お盆からひっくり返ったお水は

元通りには戻りません。

「覆水盆にかえらず」
http://kotowaza-allguide.com/hu/fukusuibonnikaerazu.html

という言葉があります。

一度してしまった失敗は取り返しがつかない

という意味だけど

あったことはなかったことにならない。

とか、

そんな様にも捉えられます。


嫌われたなと感じたら

嫌われたのかもしれないし

でも、

そう思ったことを

覆すのはできるのだろうか?


新しく

盆に水を汲むしかないのかもしれません。


土に染み込んでいった水を

そのまま拾い上げることはできないけど

新しく水を汲むことはできます。



そして、

それでいい。



新しく、

水を汲めば


新しい水がそこにある。


覆水盆からこぼれたわ!

と、

なったとき…

新しい水を汲みにいこう。



それでいい。


そして、

新しい水を汲むことは

何度でもできる。




…大変かもしれないけどね✨




とにかく。


嫌われても、気にしないように。

気にしてどうにかなるものでもない。





…て

考えられるようになった今日この頃。

開拓

みんなで

バーにのみに行こうぜと

話が盛り上がる。

来週の話ですよ。

楽しみだな。

もし、あなたがいじめられていたら。③

つづきです。

ちょっと文章が熱くなってしまった。

お恥ずかしい☺

そう。そして。


ここ、大事なところです。




いじめられているとき。



それを

チャンスなのかも。

と、考えましょう。






特別なことではないのです。


ちょっといじめられたり、はぶられたりなんて

実は気づいてないだけで

自分もやってないとは言えないのです。


あなたは特別なひとではないし


いじめられることも

特に特別なことではないのです。


知らず知らずのうちに

誰かを傷つけてしまっている。

そして。




そんな知らず知らずのことに

傷つけられてしまっていたりするのです。



素直なとこ「あのこが嫌い」とか

「なんかむかつく」とか

「どうして?」

とか「やさしくしてよ!」とか。


いろいろ考える

まだ未熟な十代です。




人生は長くて

「自分よりも長く生きている」自分の先輩は何億人といて

自分の思っているような世界ではないかもしれないことさえ、

まだ

知らないんです。





(結構大人になっても知らないことはたくさんあるんです。あなたのお父さんやお母さんも知ってるように見えて、知らないこと、たくさんあるんだよ。)





そう。


なんのチャンス?といえば


「勉強するチャンス」


です。



そして。


「成長できるチャンス」でもある。





もしかしたら



勉強ではなくスポーツとか

そういう可能性だってあります。




学校で一人。


さみしいです。


誰かに話しかける気にもなれない。


そんなときもあり


自分なんか生きてる価値ないと

考えるしかないときだってあります。


でも


できることがあります。


勉強して


なにかできる自分を作り上げること。


それができます。


学校の先生方は


忙しいけど


聞いてくる子には答えてくれると思います。


もしも先生が忙しそうで「悪いなあ」と思うなら

暇そうな先生を探すか

「これがわからないんですけど教えてくれますか?」


と、

聞いてみること。


そうすれば


一人くらいは教える暇のある先生が見つかるかも。




諦めてはいけません。


勉強するんです。



そうだな。


最終的なとこ


心理学とかやってもいいんです。


なんやらの資格講座とか


あるじゃん。


あんなのとか


まあ、いろいろ。


大人がやるような資格をやってもいいのよ。


遊びたい年頃だから

集中して遊んで

(友達いなくても、何らか遊ぶでしょ?漫画読んだり…👍)


集中して勉強する。


高校、どこいこうか?


大学どこいこうか?


なぜそこなのか、考えたり


知らない学部について学ぶとか


やることは沢山。


いぢめられて孤独で悲しいとかいってる暇があるならとにかく勉強!


泣きながら


数式を解け!

漢字を書け!

歴史を知れ!

地理を学べ!

語学を詰め込め!




知識をいれて


周りに知らないものがあれば

行って教えてやり

うるさがられたらしょんぼりしながらも

新たな知識としてそれを積み上げ

そういうものに

いじめられっ子は、みな、なればいい。




自分をいじめる人の機嫌を取ることに躍起になっていたら

なんにも手に入れられない残念な大人になることだけが確定するのだ。


苦手教科から始めよう。

なぜ、

苦手なのか?

どこが、わからないのか?

どこが足りないのか?



自分を知って、

学校の勉強をまなんで

自分を辛い目に遭わせる人は

勉強できるようになってもいるかもしれないですが

もしかしたら

勉強できる、自信のある自分も、そこに居るかもしれないのです。




なにもかもチャンス


だから、


まず、


嫌われてるとか

そこばかりにとらわれて悲しくなっているならば


それはすこし、悲しいけど一旦落ち着いて。


ゆっくり問題集でもやりましょう。

一日悲しければ

一日問題集をやりましょう。


悲しいことで埋め尽くすなら

問題集を解くことに自分を埋め尽くしましょう。







終わりです。

もし、あなたがいじめられていたら。②

つづきです。

とにかく。

勉強して、わからないことをいろいろクリアにしていくこと。

理科の実験…とか、実際やらないとわからないことなんかもたくさんありますが

机に座ってやる勉強なら

塾とか

参考書とか

問題集とか

本屋にたくさん売っているし

今は大人トライ!とか

大人向けのなにか教えてくれるとこも

オープンになってきましたよね。


そう。


実は勉強って

社会に出ても

ずーっと、やることになります。



例えば、

就職試験を受けて、社会人になっても

何があって別の会社に移ることになるかわかりません。

別の会社に、つまり「転職」。

あと、

普通に不満なく働いていても

勤め先によっては「資格」をとりなさいとか

言われる会社だってあるし

仕事上の知識をつけるために

自主的に学ばねばならないこともあったりします。



学校を卒業したら

勉強ってしなくていい!と思っている全国の

小中高校生のみなさん!

(あ、大学生も含んでもいいんですが…もう、そんなこと思ってないですよね?)

ずっと、

勉強


です!




がっかりしましたか?




でも、


勉強ほど自分を助けてくれるものはありません。

セールのときの割引率。

持ってるケーキの分割方法

塩分の濃度


住宅の面積


影の長さがどこまで来るかで

どこに住もうとか

あれが見えるとか

いろいろなことを決めるのが楽になる。

(例え話がバカっぽいですが😁)



国語ができれば

人の話を細かく汲み取れるかもしれないし

五段活用が言えたら笑いがとれることもあるし


数学得意なら

サバイバルで生き残るのにどのくらいの何が必要かの

数量を割り出せるかもしれないし。

ゲームを作れるようになるかもしれないし。


生物とか得意なら

新種を発見したり、

新薬を作れるようになるかもしれないし



とか、


とか、


とか…


でもそのためには

勉強して、十分な基礎知識を積み上げることが

とっても重要なんです。


簡単にまとめますと


自分に力をつける。ということになるのです。



まだ、終わってないです。


続きます。

もし、あなたがいじめられていたら。①

とくに、

仲間はずれとかそういうやつ。

もし、あなたがそうされていたら?

そのとき、

やってみたらいいという、

ご提案をいくつか。


その最中

なかなか、いろいろなことを区分けるのは難しいことなのだけれど。

もしも、

あなたが

小学生

中学生

高校生

だったらば、やってみる価値があるかもしれないので

ここにかいてみようと思います。


いじめられていたら。

やるといいこと。


それは…





勉強!!!


勉強しましょう。


がっかりした?




いじめられているとき

特に

これまで仲の良かった人や

特別になんとも思っていない人とか

そういう人から



ある日突然




不遇な扱いを受けることがあったりします。

(それは、今回は「いじめ」的なものとしてお話ししています。)


で、

そんなとき

「私なにか、したかなあ…?(・・;)」

考える人は多いと思います。

しかし!

実は

あなたはなにもしていません!

むしろ、

なにもしてない。

たまに、

「借りたものを返してなかったり」

「しゃべったことがたまたま変な風に聞こえた」

みたいな

意図的でない事柄で

そんな風になることもありますが

そんなん

それがほんとかはわかりませんので

今は、ちょっと横に置きます。

日々辛いですよね。

学校に行っても、自分は何のために生きてるんだろとか、

どうして嫌われたんだろとか

こんなに頑張ってるのにとか

考えて

教室の隅で

よみたくもない本を読んだり

行きたくもないトイレにいってみたりして

悲しい気持ちに浸らざるを得ないわけです。


しかし!

人生は意外と短くて

特に10代の頃は

失敗も少ないので

なんかずっとこのままで

大人になる日なんて来るのかナー?

とか、下手したら考えています。

しかし、

そんなことをしているうちに

あっという間に受験になり

就職試験を受けて

社会人になる日がやって来ます。


そう。

まあ、その日のためにも

小中高校生のみなさんは

勉強が、各3年間の課題として

常に目の前に

置かれています。


友達にはぶられて

悩んで立ち止まってメソメソしてる間に

成績表が、先生の手によって配られ

そして

時おりしょんぼりするような成績に納まってる自分に、さらにしょんぼりするはめになります。


そんなんであれば

いじめられているとき

おうちに帰ってもやることないし

遊んでくれる友もない…

となれば

最初は乗り気になれないと思うけど

普段読みもしない国語の教科書とか

社会の教科書とか

算数数学、英語ももちろん

片っ端からもっかいやって

やって

やって

やって

やって

やって

やりまくって

わかんないとこを誰かに聞いて

先生に聞いて

いじめてくる友達に聞いて

教えてくれたらありがとう!っていって

マックに誘われても

行かないで(あ、いってもいいのかな?)

勉強とにかくやりまくって

学校で誰も口をきいてくれないなら

すんごい時間あるから

そっちに集中して

ってやります。







長すぎる!

つぎにつづけます。

よかったら次の記事、まっていてね

なぜ犯人をアップにするのか

みなさんの家の

テレビは何インチですか?

以前よりも

大きなテレビが

安く手に入るようになりました。

うちもかなり大きいです。

様々な犯罪が起きたとき

テレビの報道で

犯人をアップにしたりしますけど

あれ…

やめてほしいなー

と、

いつも思います。


確かに顔をしっかり見せて

こういう人物だった。

と、いうのを知るのには良いんだけど

近くで見たくないし

きれいじゃないし

(いや、イケメンや美人だとしても)

アップにして、止めて

大きく見せるのは

気持ちよいものではないですよー

犯罪者だしなあ。

やめてほしいと思う

今日この頃なのでした。

別れの春が来た

なんか

わりと定期的に

別れの春が来ているのです。

いろんな人たちが

通りすがっていきます。

春だなあ。