hateyasco’s diary

人生の曲がり角は曲がれなかったyascoが新しいドアを開けるためのブログです。

どんなときでも自分は自分。

ぐらぐらと

心が揺れ動くとき。

自分は、

自分ではなくなってる。

こんなの自分じゃない!と

いくら頭でわかっても

どうにもならない。

こんなの自分じゃない!と

自分を否定するほど

ぐらぐら来てしまう不思議。


ぐらぐらしているとき

ぐらぐらする自分を、じっと見つめてみる。

ぐらぐら具合。

どんな、ぐらぐらか?

何が、身体的に感じてるか?

何が起きて、そうなったか?

まだ、してるか?

今日だけか?

いつもか?

急にか?

それとも…

そうやってゆっくり見つめる。

そして。

大事なポイントは

「だから、ダメだ。」

とか

「だから、ぐらぐらする自分は~だ。」

みたいな

批評の様なものは必要ないのだということ。

ただただ、

はてどんなぐらぐらなのかを

ドンドン見つめて

ただそれだけする。

どうにかなるときと、

ならないときがある。

原因や、

気持ちの位置にもよる。

が。

忘れてはいけないのは

ぐらぐらしているときも、

それがあなたである。

ということ。

ぐらぐらする自分具合をみつめて

そのままでいよう。

辛いことも、そのまま見つめてみよう。

どんなときでも

自分は自分であることが普遍の事実だって

ただ、判るだろう。