hateyasco’s diary

人生の曲がり角は曲がれなかったyascoが新しいドアを開けるためのブログです。

中小ベンチャーが日本をダメにする

かもしれない。

と、

わたくし密かに思っています。

恐ろしいことです。

中小ベンチャー

特にIT系に言えるかも。

(ITに限らないかもしれませんが)


中小ベンチャーの恐ろしいところは

売り上げをあげることがある程度可能になっていて

業務内容は素晴らしいということ。

つまり、

お金があるがゆえに

人を育てることに注力されていないということ。

仕事というものは

基本、誰も生まれてこのかた習ったりはしない。

自分で産み出すか、

研修や、OJTで習うかのどちらかだ。


前者の「産み出す」ほうは

産み出した方の人数は、
経営者の数に等しいものとなる。

何故なら、

ほとんどの会社員は「雇われている」から
産み出した者ではない。

(のちのち、産み出すものとなる潜在人数は別のものとする)

つまり、

会社員のほとんどは後者。

「産み出すもの」では、いま、ない。
という者たちだ。

恐ろしいのはここから。

「産み出す者」達の多くは

「今、企業に所属していない者」であり

その年齢で企業に所属していない者たちは

ある意味

ドロップアウトした者」

でもあるように見える。

その理由はまた明日。