hateyasco’s diary

人生の曲がり角は曲がれなかったyascoが新しいドアを開けるためのブログです。

みんな、指示がほしいんです。

指示待ち人間ていますけど、

指示を出されないと困る人達は案外いるんです。

yascoです。


なんか、

この前、とあるイベントのスタッフとして

活動する機会があったんです。


なかなか、珍しい事です。


ボランティアスタッフてやつです。



当日より、二週間ほど前に

ブリーフィングのよーな席が設けられ

参加して、「後は当日指示があるようだな」

という理解で

それぞれ帰宅していきました。

いろいろな道具が、特定のエリアに配置され

それを

いろいろなセッティング場所でセットして

最終的には片付けて

終わる。

とゆー流れ。


相当な人数が参加するため

ブリーフィングの日程も数日間に分けられ

当日の班割りなども当日までわからないので

いろいろわからないことだらけです。

でも当日に、指示があるなら

なにも心配ないね!

と、いう感じでした。


し、かーし!


当日の指示は案外わかりにくく

いつから開始すればいいのか?

どこまでいけばいいのか?

どうすればいいのか?

といった内容の説明も

「あっちのほうに!」(あっちって、どこ?!)

「もうすぐです」(って、何時?)

って、いろいろ曖昧。

具体的にほしいのよね。指示。

大体あっちと言われても、

毎日そこにいるわけではないので

定位置などわからないのです。

でも、

場所は決まってる。

作業する人には

できるだけ具体的に、

指示を、ください。

指示をもらったなかで、

自主的にいろいろやりますから。

こうしてほしい。って

要望に答えるために

スタッフがいま、揃えられているんで。

(ソウデナケレバテキトウニヤリマス(笑))



たくさんの人を

一度に動かすときに

一番大事なのは

「指示」

みんな、どうしたらいいかがわかれば

(目的がわかれば)

それに向かって行動できる。

つまり、そういうことですね。


ひとつ、指示、ください。

わかり易いやつ。