読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hateyasco’s diary

人生の曲がり角にいるyascoが一年間でどのくらい進捗するかを記録するブログです。

もし、あなたがいじめられていたら。①

とくに、

仲間はずれとかそういうやつ。

もし、あなたがそうされていたら?

そのとき、

やってみたらいいという、

ご提案をいくつか。


その最中

なかなか、いろいろなことを区分けるのは難しいことなのだけれど。

もしも、

あなたが

小学生

中学生

高校生

だったらば、やってみる価値があるかもしれないので

ここにかいてみようと思います。


いじめられていたら。

やるといいこと。


それは…





勉強!!!


勉強しましょう。


がっかりした?




いじめられているとき

特に

これまで仲の良かった人や

特別になんとも思っていない人とか

そういう人から



ある日突然




不遇な扱いを受けることがあったりします。

(それは、今回は「いじめ」的なものとしてお話ししています。)


で、

そんなとき

「私なにか、したかなあ…?(・・;)」

考える人は多いと思います。

しかし!

実は

あなたはなにもしていません!

むしろ、

なにもしてない。

たまに、

「借りたものを返してなかったり」

「しゃべったことがたまたま変な風に聞こえた」

みたいな

意図的でない事柄で

そんな風になることもありますが

そんなん

それがほんとかはわかりませんので

今は、ちょっと横に置きます。

日々辛いですよね。

学校に行っても、自分は何のために生きてるんだろとか、

どうして嫌われたんだろとか

こんなに頑張ってるのにとか

考えて

教室の隅で

よみたくもない本を読んだり

行きたくもないトイレにいってみたりして

悲しい気持ちに浸らざるを得ないわけです。


しかし!

人生は意外と短くて

特に10代の頃は

失敗も少ないので

なんかずっとこのままで

大人になる日なんて来るのかナー?

とか、下手したら考えています。

しかし、

そんなことをしているうちに

あっという間に受験になり

就職試験を受けて

社会人になる日がやって来ます。


そう。

まあ、その日のためにも

小中高校生のみなさんは

勉強が、各3年間の課題として

常に目の前に

置かれています。


友達にはぶられて

悩んで立ち止まってメソメソしてる間に

成績表が、先生の手によって配られ

そして

時おりしょんぼりするような成績に納まってる自分に、さらにしょんぼりするはめになります。


そんなんであれば

いじめられているとき

おうちに帰ってもやることないし

遊んでくれる友もない…

となれば

最初は乗り気になれないと思うけど

普段読みもしない国語の教科書とか

社会の教科書とか

算数数学、英語ももちろん

片っ端からもっかいやって

やって

やって

やって

やって

やって

やりまくって

わかんないとこを誰かに聞いて

先生に聞いて

いじめてくる友達に聞いて

教えてくれたらありがとう!っていって

マックに誘われても

行かないで(あ、いってもいいのかな?)

勉強とにかくやりまくって

学校で誰も口をきいてくれないなら

すんごい時間あるから

そっちに集中して

ってやります。







長すぎる!

つぎにつづけます。

よかったら次の記事、まっていてね