読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hateyasco’s diary

人生の曲がり角にいるyascoが一年間でどのくらい進捗するかを記録するブログです。

悩むのをやめる、恐ろしく簡単な方法

悩みはつきません。

そして、悩むのは疲れます。

そこで、

悩み歴の長いyascoが

悩むのをやめるもっとも簡単な方法を

お伝えしようと思います。

【用意するもの】
お悩み

では、
悩みをやめる方法をお伝えします。

①お悩みを思いだし、ウンウン苦しみます。
②十分に悩んだら、その悩みについて「この悩みは、私の思いだ。」と、呟いてみましょう。
③呟いたら、30秒ほど、その気持ちを味わいます。
④たとえば、ムカムカしてきたら
→ムカムカムカムカ!!する気持ちを味わいます。
ムカムカって、どんな感じ?お腹の奥がムカつく感じ?胸がつかえる…?など、いろんなその心の状況を味わいつくします。
(ここでは「ムカムカ」を例にしています。ムカムカ以外の気持ちも同じようにゆっくりと味わいましょう)
⑤「この悩みは、私の思いだ。」と、再びつぶやき、「私がそう思いたいんだ」と、つぶやき、
「この思いは、私の考えだ。そう考えたいのだ。」
と、つぶやき、「悩み」という「言葉」を「思い」に置き換えます。
⑥これを行ったら、自分が「悩み…」と言う単語を使う度に、「悩み」を「思い」と、言い換えていきましょう。

以上少し長くなりましたが、
要するに、⑥だけでもいいわけで。

「悩み」と言う単語を使うと
それがなんなのか、はっきりしなくなります。

悩みとは、
思いです。

誰も私を悩ませません。
悩みと思う物事について、イロイロイロイロ考えるから、悩みとしてそこに存在し始めるんです。

自分が勝手に悩んでるんです。
考えを変えることで
視点が代わって
新たな心のゆとりが生まれる可能性があります。
悩んで、萎縮していると
ろくなことを考えません。
なので、
可及的速やかに
悩むことをやめる必要があるんです。

でも、考えちゃうし、悩んじゃう。
そして、それに苦しんじゃう。

「悩み」と言う単語を別な言葉に置き換えることで
何がどうなっているかを
はっきりさせることができるのです。

でも①からやることで、
府に落ちやすいかなと思います。

かわいくないかもしれないけどねーハハ…

以上、悩みをやめる方法でした。